ジブリ

崖の上のポニョのモールス信号を解読!物語の意味について解説!

崖の上のポニョ モースル信号 解読 物語 意味 解説
Pocket

崖の上のポニョのモールス信号を解読!物語の意味について解説!

2008年7月に公開されたジブリ作品「崖の上のポニョ」は、かなり人気の作品ですよね。

物語の中でモールス信号でやり取りをする場面があるのをご存知でしょうか?

ぴよ吉
ぴよ吉
モールス信号って何だか難しそう

また崖の上のポニョという作品は視聴者に何を伝えたかったのかについても、疑問の声が多数見受けられたので調査してきました。

ジブリ作品の多くは詳しい内容までは語られず、見た人が物語を解釈することができるのが特徴ですよね笑

では、崖の上のポニョのモールス信号を解読!物語の意味について解説!について紹介します。

 

崖の上のポニョ|モールス信号を解読!

崖の上のポニョ モースル信号 解読 物語 意味 解説

出典元:https://twitter.com

宗介は5歳という若さでモールス信号についての知識があり、しっかりと理解していることが驚きです笑

作品の中ではかなり早い発光信号を読み取っていたので、かなりの実力者だと思われますね。

では、詳しく説明していきます!

 

崖の上のポニョ|モールス信号って何?

崖の上のポニョ モースル信号 解読 物語 意味 解説

出典元:https://twitter.com

崖の上のポニョで使われたモールス信号を解読する前に、簡単にモールス信号についての説明をしたいと思います!

モールス信号は19世紀中頃から普及され始め、船同士の通信や海難事故の救助信号として使われました。

ぴよ吉
ぴよ吉
サミュエル・モールスが考えたからモールス信号らしい

昔は無線などの技術も発展していなかったので、こういった信号が発明されたのでしょう。

フラッシュライトや懐中電灯などの光の点滅で意思を伝達することが出来る、それ相応の知識がないと理解することが難しい技術です。

昔の船乗りは大抵これを覚えていた様ですね。

 

崖の上のポニョ|宗介が見たモールス信号を解読してみた!

崖の上のポニョ モースル信号 解読 物語 意味 解説

出典元:https://kisengsippat.web.app

では実際に崖の上のポニョで使用されたモールス信号は、どの様な内容だったのか解読していきたいと思います。

かなり高速な発光信号でのやり取りだったので、普通の5歳の子供が理解できるものではありません笑

モールス信号でのやり取り

宗介:「QR SOK(こちら宗介どうぞ)」

耕一:「SSR(すまない)」

リサ:「BAKA(ばか)」

耕一:「LLS(LOVE LISA)」

リサ:「BAKA(ばか)」連打

耕一:「LLS(LOVE LISA)」船体を光らせて返信

モールス信号でやり取りする内容ではありませんね笑

もしモールス信号を理解する人が見ていたら、とても恥ずかしいでしょう笑

この世界ではモールス信号は当たり前に普及しているのかも知れません。

 

崖の上のポニョ|物語の意味について解説!

崖の上のポニョ モースル信号 解読 物語 意味 解説

出典元:https://pinterest.jp

崖の上のポニョを観て一体何を伝えたかったのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

ぴよ吉
ぴよ吉
何度も観ないと理解するのは難しいかも

宮崎駿さんからの公式コメントもあるので、それについても紹介したいと思います。

詳しく解説していきますね!

 

崖の上のポニョ|原作から読み取れる物語の意味

崖の上のポニョ モースル信号 解読 物語 意味 解説

出典元:https://weheartit.com

崖の上のポニョの原作となった北欧神話と人魚姫の物語、これらを読み解くと何となく分かってきます。

まずは北欧神話について解説しますね。

主神オーディンにワルキューレと呼ばれる娘達がいました。

娘達は戦女神と呼ばれ、戦死した勇敢な戦士の魂を天国に連れ帰るのが使命です。

ワルキューレの長女「ブリュンヒルデ」は、主神オーディンの戒めを破り人間と恋に落ちてました。

ぴよ吉
ぴよ吉
確かポニョの本名もブリュンヒルデだったよね

>>ポニョの本名はブリュンヒルデ!物語との繋がりは?

これはポニョが人間になる為に魔法の力を使い世界の理に反いた行為をした結果、大災害が起きてしまうのと似ていますね。

次に人魚姫について解説します。

半魚人であるポニョを見た宗介は一度も怖がったり、気持ち悪がったりしませんでした。

しかし普通の反応としては未知の生物である半魚人を見て、多少の抵抗感を感じるものではないでしょうか?

宗介の場合はまだ小さい子供ということもあり、未知に対する興味の方が優っていたと思いますが笑

ポニョを想う宗介の気持ちは「ポニョがどんな姿でも好き」という、真実の愛に近いものだったでしょう。

宗介の意志を理解したグランマンマーレはポニョを人間にする古い魔法を使い、ポニョを魔法の力を持たない普通の人間に変えることにしたのです。

もしも宗介にポニョを想う気持ちが足りなければ、ポニョは泡になって消えていたでしょう。

様々なことが考察できますが、北欧神話と人魚姫との繋がりを考えると、テーマは真実の愛の物語でしょうか?

 

崖の上のポニョ|宮崎駿さんが伝えたかったこと

崖の上のポニョ モースル信号 解読 物語 意味 解説

出典元:https://twitter.com

都市伝説や様々な考察が語られる崖の上のポニョですが、宮崎駿さんが伝えたかったことは一体なんでしょうか?

実は崖の上のポニョの公式ホームページにて、宮崎駿さんがコメントしていました。

少年と少女、愛と責任、海と生命、これ等初源に属するものをためらわずに描いて、神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである

崖の上のポニョでは老人ホームに居る高齢者との関わりが多く、現代の少子高齢化社会が想起される作品になっていますね。

その他にも環境問題、食糧問題など様々な社会的問題がありますが、作品をよく観てみるとそれらについても細かく描かれています。

ぴよ吉
ぴよ吉
実際に意識して観るとよく分かるよ!

崖の上のポニョのキャッチコピーでもある「うまれてきてよかった」にもあるように、様々な社会問題がある中でも子供達に生まれてきて良かったと思えるような世界を作りたかったのではないでしょうか?

宮崎駿さんは作品を通して現代の社会問題と子供達が生きる希望をやんわりと表現しているのかなと思いました笑

 

崖の上のポニョ|まとめ

崖の上のポニョ モースル信号 解読 物語 意味 解説

出典元:https://ranking-chromehearts.web.app

崖の上のポニョのモールス信号を解読!物語の意味について解説!

いかがでしたか?

モールス信号って「トントン」と軽く叩くような音で何かを伝える信号かと思っていましたが、光の点滅でも伝えることが出来るんですね笑

崖の上のポニョが視聴者に何を伝えたない作品なのか、これは様々な考察がありますがどれも間違っているとは思いません。

宮崎駿さんの意図としてジブリ作品の多くは見た人が考察を膨らませ、その後の物語を想像し紡ぐことが出来る作品です。

ぴよ吉
ぴよ吉
そうは言っても本当に伝えたいことは何なのか気になる
ここ吉
ここ吉
それについては宮崎駿さんがインタビューで割と詳しく話していることがあるよ

現代の社会問題を考えさせられる作品内容になっていたり、宗介の成長が感じられる良作だと思います。

崖の上のポニョのキャッチコピー「うまれてきてよかった」にもあるように、これからうまれてくる子供達には是非崖の上のポニョを観て頂きたいですね。

生きる希望や真実の愛など物語のテーマを考えながら観ると、また違った楽しみ方ができますよ!

まだ崖の上のポニョを観たことがない人も、この機会に一度観て下さい。

ぴよ吉
ぴよ吉
もちろん観たことがある人も観てね

一度観たことがあっても何度観ても楽しめる作品となっていますよ。

私の好きなジブリ作品のひとつです笑

以上、崖の上のポニョのモールス信号を解読!物語の意味について解説!でした!

最後までご覧頂き、ありがとうございます。